COLUMN

今知りたい眼鏡のこと

4/25 2017

TonySame「Acetate Light」(トニーセイム アセテートライト)について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedy

「同理心」。中国語で「共感」を意味する言葉です。「共感」を大切にしたい。そう考えるメンバーがアジア各国から集まって生まれたトニーセイム。その中でも一番人気ともいえる代表作が「アセテートライト」です。2012年より日本で展開されるようになった「トニーセイム」ですが、「アセテートライト」は2014年に誕生したまだ歴史の浅いシリーズでありながら、とても人気があり注目されています。

「アセテートライト」はこんな人におすすめ

「アセテートライト」をおすすめしたいのは、

・シンプルで繊細なメガネが好きな人
・ビジネスでもカジュアルでも使う場所を選ばないメガネが欲しい人
・メガネのデザインを妥協したくない人
・フレームのカラーをかえて楽しみたい人
・ちょっと明るめな個性的なカラーを試してみたい人
・度数が強くて見た目を気にする人

など、今までメガネは生活の一部として使っていたけど納得できるものと出逢えていない、そんなあなたにおすすめのシリーズです。

「アセテートライト」の魅力とは?

2014年に誕生した「アセテートライト」シリーズは、左右のレンズを繋いでいるテンプルにかけて少し幅が広がるようなデザインとなり、メガネのレンズの厚さに左右されることがないデザイン性が魅力とされています。正面のフレームの最薄部は僅か0.9㎜。メタルのような薄い素材を使用しすっきりとしたデザインながら、軽いのでどんなライフスタイルに合わせても楽しんで使うことができるのです。

またアイウェアのかけ心地をきめる「鼻あて」も固定タイプと、温めることで「鼻あて」の調整ができるクリングスタイプの2種類が展開されています。鼻のカーブに合わせて添いやすい立体的な作りになっているのが特徴です。

いままでプラスチックフレームだと調整できないし、かけ心地が苦手、安っぽく見えていやなどといって懸念していた人にもおすすめできるアイウェアです。

また、「アセテートライト」の人気ポイントには、こだわりぬいた生地のバリエーションの多さでもあります。派手すぎず、地味すぎないクラシックなデザインは今まで無地しか挑戦したことがない人も、新しい自分を発見できるアイウェアです。

「アセテートライト」は年々新しいデザインを発表しているので、実際にフィッティングをしてみてどれが自分にあっているのか試してみると面白いのではないでしょうか。普段はなかなか選ばない色もかけてみると、合わせる洋服を選んだり、お出かけするのが楽しみになるかもしれません。「アセテートライト」にはそんな魅力があります。

 

▽販売店情報

■eyevory/アイボリー アイボリー折尾
http://eyevory.jp/store-list/orio

〒807-0874
福岡県北九州市八幡西区大浦3丁目1-1
サンリブ折尾2階
営業時間:9:00-21:00
お問い合わせ:093-616-6449

■eyevory/アイボリー アイボリーくずは
http://eyevory.jp/store-list/kuzuha

〒573-1117
大阪府枚方市北船橋町30番
営業時間:10:00 – 19:30
お問い合わせ:072-808-8910

■eyevory/アイボリー アイボリー横浜港北店
http://eyevory.jp/store-list/yokohama-kouhokuku

〒224-0037
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-19-23
喜三義ビル1F
営業時間:10:00 – 19:30
お問い合わせ:045-948-1446

Tony Same(トニーセイム)について

Tony Same(トニーセイム)のブランド紹介ページはこちら
http://eyevory.jp/brand/tony-same